孤高のドル円トレーダー

FXで稼いで、自由で自分らしい人生を送りませんか?

FX基礎知識

【トレード基礎知識】ストップオーダーとは?

投稿日:

 

 

今回は、エントリー後に必ずといっていいほど使用する、「ストップオーダー」について説明しようと思います。

 

ストップオーダーはFXトレードをするために無くてはならないものです。
必ず知っておかなければならないことの一つです。

 

FXトレードで勝つために一番重要なことは、リスク管理です。

このリスク管理を行う上で必要になってくるのが、「ストップオーダー」です。

 

ストップオーダーをしっかりと使いこなせるようになれば、自然とトレードで利益を上げることもできるでしょう。

トレードの基本でありならがら、とても大切なことですので、しっかりと覚えて使いこなせるようにしていきましょう。


スポンサーリンク

ストップオーダーについて(逆指値注文)

ストップオーダーは別の呼び方では逆指値注文とも呼ばれます。

 

ストップオーダーの基本的な使い方は、損切の幅を決めるときに使うオーダーです。

これをストップロスオーダーといいます。

 

※新たにポジションを持つことができる方法もありますが、それについてはあとから説明します。

 

例えば、ある価格でロングポジション(買いポジション)を持っている状態で、「もしこの価格まで下がってしまったら売ろう」というようにすることをストップロスオーダーといいます。

ストップロスオーダーをしておけば、その価格まで下がった時に、自動的に注文が発動し設定して価格で決済されます。

 

こうすることで、もし市場が突然暴落しても設定した範囲内の損失で損を確定させることができます。

[ストップロスオーダー解説画像]

 

 

基本、一度決めたストップロスオーダーは変更してはダメ

トレードを始めたばかりの方や、なかなか勝てないトレーダーの方でよくあるのが、ストップオーダーを変更してしまうことです。

 

損切り幅は始めに決めた幅から変えてはいけない。
これは、FXトレードを学ぶ時に必ずと言っていいほど言われることだと思います。

 

初めのころはこのルールをしっかり守り、ストップロスオーダーを設定していると思いますが、時にストップロスにかかり損失が確定した後に、相場が回復しまた元のポジションまで戻ってきたということを経験すると、

次も戻るのでは?

と思いストップロスのオーダーにかかりそうになった時にストップロスの幅を変更してしまうことがあります。

確かにそのようなことはよくありますので、損失を回避することができることもあるかと思います。

 

しかし、毎回そのような事になるはずはありませんよね。

そのままさらに相場が損失の方向へ進んでしまった時に始めに決めていいた損失よりも大きな損失を被ることとなります。

しかもそのような事をした方に限って、もう少しでまた相場が戻るだろうといった感じでズルズルとさらにポジションを持ち続けてしまい、結局、大きな損になった状態で泣く泣く損切りというパターンがよくあります。

いわいる、コツコツドカンという負け方をする方のパターンの一つですね。

 

そもそも、ストップロスを変更してしまうと、始めに定めたリスクリワードのバランスが崩れてしまいますので、たとえ勝率が上がったとしても、その後、安定して利益を上げ続けることはできません。

 

エントリーするときには、ストップロスの幅を決めて、決して動かしてはいけないということを絶対ルールにしなければなりません。

 

 

新たにポジションを持つ、ストップオーダーとは

ストップオーダーは基本的には損切の幅を決めるときに使うとういお話をしましたが、中級トレーダー以上になってくると、新規ポジションを持つときにストップオーダーを使うという方法もあります。

 

それが、Buy Stop(逆指値買い)とSell Stop(逆指値売り)と呼ばれる注文方法です。

 

簡単に説明すると、

現在のレートより高い時に買いたいならBuy Stop(逆指値買い)
現在のレートより低い時に売りたいならSell Stop(逆指値売り)

となります。

 

ストップエントリーとも呼ばれる行為で、チャート上でサポートラインとレジスタンスラインを引き、サポートラインを割ったら売り、レジスタンスラインを越えたら買いの注文を入れるのです。

 

これは、相場の方向性が出たと判断してその方向へ追従してエントリーするのにとても有効な注文です。

 

FXの特性を生かしたとても理にかなったトレードそすることができます。
また、ずっと相場に張り付いていられない時などにも有効な注文方法です。

 

しかしデメリットもあります。

相場の動き始め(初動)ではなく、ある程度高い位置で買う、または低い位置売るとうことになりますので、相場がそのままの方向に伸びない場合は損失となることもあります。

 

 

ですので、逆指値注文が約定したら、できるだけ早くストップオーダー注文(損切り)をするようにしましょう。

 

この逆指値注文については更に細かく注文を設定することにより、効率よく利益を出していくことができる方法があります。

 

 

その方法については、また次回、応用編ということで記事を書こうと思います。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-FX基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

迷ってしまう、通貨ペアの選択。どの通貨ペアがおすすめ?

  FXを始めるにあたり、まず始めに疑問に思うことの一つにどの通貨ペアで取り引きすればいいかということではないでしょうか。 FXには、本当に様々な通貨ペアが存在します。 そして、その中かから …

FXの取引きスタイルについて学ぶ トレードスタイルの種類を説明します

FXで稼ぐためには、まず自分のどのようなスタイルでトレードするかを決めて固める必要があります。     自分にあったトレードスタイルでトレードすることにより、ストレスなくトレードす …

便利なインジケーター「RSI」の使い方

  トレードをするときにほとんどの方は、何かのインジケーターを使用していると思います。 その中でも、有名で使っている人も多いインジケーターの一つの「RSI」について説明しようと思います。 & …

【24時間取引可能なFXの理由】各国の取引市場時間について

    FXは株と違い24時間取引可能なのが特徴かと思います。   なぜ、24時間取引が可能なのかと言うと、FXは世界中で常に取引がされているからなんです。 なので、日本 …

そもそもFXとは?

  ここでは、FXについての基本的なお話をしたいと思います。   目次1 ◆FXとは2 ◆証拠金取引とは2.1 何故、少ない証拠金で大きな取引ができるのか?3 ◆FXはギャンブルな …

谷口悠

神戸在住の1983年生まれ。

資本主義社会にておいては、やはりお金は必要なツールと言えます。

そのお金を稼ぐ、最も効率のよい手段としてFXトレードに右にでるものはありません。
断言します。

しかし、正直そう簡単にトレードで稼げるようにはなりません。

正しい知識とマインドを取得し、安定して勝てるトレード技術を身につける必要があります。

安定して勝てる、常勝トレーダーになれば、好きな場所、好きな時に自由にお金を稼ぎ、自由な時間を手に入れることができるようになります。

あなたは毎日ワクワクしていますか?

一度きりの人生を満喫するためにも、FXトレードをマスターし、お金に縛られることなく自由な人生を歩みませんか?

____________________

LINE@開設しました!

勝てる投資マインド、トレード知識、手法を惜しみなく提供します。
今後、マンツーマンサポートも行っていきたいと思っています。

本気で勝てるFXトレーダーを目指しませんか?
一人でも多く人を、お金の束縛から解放してあげたい。

ご興味ある方は、登録よろしくお願います(^^)↓
友だち追加



ご訪問ありがとうございます!
ラインキングサイトへのクリック応援お願いします!
情報シェア、発信の励みになります(__)


スポンサーリンク